[English]

地震活動解析システム

はじめに

このシステムは,WWWを用いて地震カタログにアクセス,地震活動解析を行い, その結果を可視化するシステムです.WWWブラウザを利用するので,Windows/MAC/UNIX のプラットフォームを問わず利用できます.

システム概要

このシステムは,1)WWWブラウザ,2)WWWサーバ,3)CGIスクリプト,4)地震活動解析ソフトから 構成されています.3)のCGIスクリプトはperlで記述されており,検索条件をもとに,4)の 地震活動解析ソルトを起動,htmlファイルを動的に生成する仕事を行っています.また, 4)の地震活動解析ソフトは,解析結果をWWWブラウザ上でインライン表示ができるGIFフォーマットの 画像を直接生成するため,ユーザに対して高速に解析結果が表示されます.

機能

HYPO M-T N-T M-F C-S LIST PDF,PS
震央図 マグニチュードの時間的変化 地震累積数の時間的変化 地震規模別頻度分布 断面図 震源リスト出力 PDF or PSファイル出力

データベースリスト

データベース名 収録内容 収録期間 収録件数 更新日 備考
JUNEC 全国地震観測網地震カタログ 1985/07/01 - 1998/12/31 約16万件 02/07/24
JUNEC FM2 JUNEC初動メカニズム解カタログ 1985/07/01 - 1998/12/31 約1万件 14/05/07
NIED 防災科学技術研究所地震カタログ 1979/07/01 - 2003/06/30 約30万件 04/05/06
JMA 気象庁地震カタログ 1926/01/01 - 1997/09/30 約10万件 99/06/14 限定公開 1)
JMA1 UP 気象庁一元化地震カタログ(確定版) 1923/01/14 - 2014/05/31 約250万件 15/01/07 限定公開 1)
JMA1 気象庁一元化地震カタログ(暫定値含む) 1923/01/14 - 約250万件 1日1回アップデート 限定公開 1)
GCMT GCMT地震カタログ 1976/01/01 - 2015/10/31 約3.8万件 16/03/16 限定公開 1)
ISC UP ISC地震カタログ 1964/01/01 - 2012/05/31 約460万件 2015/01/09 限定公開 3)
ISC-GEM UP ISC-GEM地震カタログ 1900/01/01 - 2009/12/31 約2万件 2014/05/08
GHEC UP the Global Historical Catalogue v1 1000/01/01 - 1903/12/31 約-万件 2014/05/08
1)研究機関(ac.jp, go.jp),2)地震研(eri.u-tokyo.ac.jp),3)大学(ac.jp)

利用にあたって

システム利用方法

注意事項その他

参考文献

  1. 鶴岡 弘.WWWを用いた地震活動解析システムの開発,地球惑星科学関連学会1997年合同大会予稿集, B22-P09, p77.
  2. 鶴岡 弘.WWWを用いた地震活動解析システムの開発(2),日本地震学会講演予稿集予稿集1997年度秋季大会, P04.
  3. 鶴岡 弘. Webに適したプロットライブラリの開発, 東京大学地震研究所技術研究報告,No. 2, 130-134(1997).
  4. 鶴岡 弘. 数値データをWWW上でダイナミックにグラフ化する一方法, 東京大学地震研究所技術報告,No. 3, 16-19(1998)
  5. 鶴岡 弘. WWWを用いた地震情報検索・解析システムの開発.情報処理学会研究報告;データベースシステム115-9, 情報学基礎 49-9, 65-70(1998).
    Hiroshi TSURUOKA, Development of earthquake information retrieval and analysis system on WWW, IPSJ SIG Technical Report, 1998-115-9, 1998-49-9, pp. 65-70 (1998)
  6. 鶴岡 弘. 地震カタログデータベースの紹介.地震研究所広報No.22(1998年9月).

tsuru@eri.u-tokyo.ac.jp

[情報センター] [地震研究所]