*周辺機器利用方法 [#d55484f1]
**DATドライブ [#y188e481]
-eic02、eic03に接続されています。DAT装置のテープデバイス名は以下になります。
--/dev/st0:巻き戻しありのデバイスファイル
--/dev/nst0:巻き戻しなしのデバイスファイル
-テープ容量は使用するメディアカートリッジによって異なります。DAT160に対応したメディアでは非圧縮にて80GB、圧縮時で160GBの容量が利用可能です。

-利用法としてはLinux、UNIXの一般的なコマンドtar、cpioなどで利用する事ができます。
-またmtコマンドでテープデバイスに対する命令(巻き戻し、先送りなど)を実行することができます。
-mtコマンドで非圧縮、圧縮の切り替えを行います。書き込みを行う際には、圧縮モードを切り替えてから利用して下さい。

-以下が利用例です。
--テープの書き込み方法
 $ mt -f /dev/st0 rewind             テープメディアの巻き戻し。
 $ mt -f /dev/st0 compression 0      非圧縮は0を指定、圧縮は1を指定します。
 $ cd /home/sgi/test                 バックアップするディレクトリへ移動。
 $ tar cvf /dev/st0 .                カレントディレクトリを書き込みし終了時に巻き戻します。

--テープの読みだし方法
 $ mt -f /dev/st0 rewind             テープメディアの巻き戻し。
 $ cd /home/sgi/test                 書き込むをするディレクトリへ移動。
 $ tar xvf /dev/st0                  カレントディレクトリに書き込みし終了時に巻き戻します。

--テープメディアの確認方法
 $ mt -f /dev/st0 rewind             テープメディアの巻き戻し。
 $ tar tvf /dev/st0                  メディアの内容を確認。

-mt、tarコマンドのオプションは他にもありますので、詳細はオンラインマニュアルを参照下さい。

**Blu-ray ディスクライター [#jddfeec5]
-Blu-rayディスクライターはeic00, eic01に接続されています。
-空のBlu-rayディスクをBlu-rayディスクライターに挿入してください。
-ポップアップウィンドウが開いた場合は、"Cancel"をクリックしてください。
-以下の例ではsample_dirというディレクトリをBlu-rayディスクに書き込みます。
~
 [user@eic00 ~]$ ls -lR sample_dir/
 sample_dir/:
 total 8
 drwxrwxr-x 2 user user 4096 Mar  4 17:48 DATA1
 drwxrwxr-x 2 user user 4096 Mar  4 17:49 DATA2
 
 sample_dir/DATA1:
 total 4002496
 -rwxr-xr-x 1 user user 4044230603 Mar  4 17:41 data1
 -rw-r--r-- 1 user user 37660806 Mar  4 17:48 sample2
 -rw-r--r-- 1 user user 16657930 Mar  4 17:48 sample3
 
 sample_dir/DATA2:
 total 375092
 -rwxr-xr-x 1 user user  622836 Mar  4 17:49 building.gfa
 -rwxr-xr-x 1 user user 3028873 Mar  4 17:49 c60_mpe.gfa
 -rw-r--r-- 1 user user 380432384 Mar  4 17:49 sample10
-書き込むには''bdr''コマンドを使用します。
 [user@eic00 ~]$ bdr sample_dir
 Executing 'mkisofs sample_dir | builtin_dd of=/dev/sr1 obs=32k seek=0'
 I: -input-charset not specified, using utf-8 (detected in locale settings)
   0.23% done, estimate finish Wed Mar  4 18:01:44 2015
 /dev/sr1: "Current Write Speed" is 8.2x4390KBps.
  0.46% done, estimate finish Wed Mar  4 18:52:47 2015
  0.69% done, estimate finish Wed Mar  4 18:40:37 2015
  0.91% done, estimate finish Wed Mar  4 18:32:44 2015
  1.14% done, estimate finish Wed Mar  4 18:26:31 2015
  1.37% done, estimate finish Wed Mar  4 18:23:37 2015
 ....
  99.82% done, estimate finish Wed Mar  4 18:04:47 2015
 Total translation table size: 0
 Total rockridge attributes bytes: 0
 Total directory bytes: 4096
 Path table size(bytes): 38
 Max brk space used 1a000
 2188964 extents written (4275 MB)
 builtin_dd: 2188976*2KB out @ average 5.5x4390KBps
 /dev/sr1: flushing cache
 /dev/sr1: closing track
 /dev/sr1: closing session
 /dev/sr1: reloading tray

-20GBで約30分程度かかります。
-BD-Rディスクは書き込みが終了すると、自動的にイジェクトされ、また再度ロードされます。(自動的にイジェクト・ロードされない場合は手動で行ってください。) /media/CDROMとしてマウントされます。
 [user@eic00 ~]$ ls -lR /media/CDROM
 /media/CDROM:
 total 4
 dr-x------ 1 user user 2048 Mar  4 17:48 data1
 dr-x------ 1 user user 2048 Mar  4 17:49 data2
 
 /media/CDROM/data1:
 total 4002496
 -rwxr-xr-x 1 user user 4044230603 Mar  4 17:41 data1
 -rw-r--r-- 1 user user 37660806 Mar  4 17:48 sample2
 -rw-r--r-- 1 user user 16657930 Mar  4 17:48 sample3
 
 /media/CDROM/data2:
 total 375092
 -rwxr-xr-x 1 user user  622836 Mar  4 17:49 building.gfa
 -rwxr-xr-x 1 user user 3028873 Mar  4 17:49 c60_mpe.gfa
 -rw-r--r-- 1 user user 380432384 Mar  4 17:49 sample10
--ISO9660形式でマウントされていると、大文字と小文字の区別がなくなります。

-他のドライブ装置でも読み込むことを可能にするために、ファイナライズを行います。''bdclose''コマンドを実行してください。このディスクは追記不可のread-onlyになります。
 [user@eic00 ~]$ bdclose
 Executing 'builtin_dd if=/dev/zero of=/dev/sr1 obs=32k seek=139938'
 /dev/sr1: "Current Write Speed" is 8.2x4390KBps.
 4587651072/25025314816 ( 0.0%) @0.0x, remaining 945:00 RBU 100.0% UBU   3.0%
 4587651072/25025314816 ( 0.0%) @0.0x, remaining 1575:01 RBU 100.0% UBU 100.0%
  ....
 24977211392/25025314816 (99.8%) @8.0x, remaining 0:01 RBU 100.0% UBU  97.0%
 :-[ WRITE@LBA=ba7400h failed with SK=5h/INVALID ADDRESS FOR WRITE]: Invalid  argument
 :-( write failed: Invalid argument
 /dev/sr1: flushing cache
 /dev/sr1: closing track
 /dev/sr1: closing session

-Wrieエラーが表示されますが、問題ありません。ディスクをイジェクトしてください。
-Writeエラーが表示されますが、問題ありません。ディスクをイジェクトしてください。
 [user@eic00 ~]$ eject /dev/sr1

-再度、挿入して、データをご確認ください。
 [user@eic00 ~]$ ls -lR /media/CDROM
 /media/CDROM:
 total 4
 dr-x------ 1 user user 2048 Mar  4 17:48 data1
 dr-x------ 1 user user 2048 Mar  4 17:49 data2
 
 /media/CDROM/data1:
 total 4002496
 -rwxr-xr-x 1 user user 4044230603 Mar  4 17:41 data1
 -rw-r--r-- 1 user user 37660806 Mar  4 17:48 sample2
 -rw-r--r-- 1 user user 16657930 Mar  4 17:48 sample3
 
 /media/CDROM/data2:
 total 375092
 -rwxr-xr-x 1 user user  622836 Mar  4 17:49 building.gfa
 -rwxr-xr-x 1 user user 3028873 Mar  4 17:49 c60_mpe.gfa
 -rw-r--r-- 1 user user 380432384 Mar  4 17:49 sample10

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ