並列実行プログラムの最適化

自動並列化

parallelオプションの指定により、コンパイラがソースコード内の全ループに対して、並列化が可能か否かの解析を行います。

OpenMP

qopenmpオプションの指定により、ソースコード内のOpenMP指示行を有効にします。

自動並列化/OpenMP並列化プログラムの実行

自動並列化/OpenMPによる並列プログラムのデータ分散~

スレッドのスタックサイズ

MPI

コマンド行の末尾にMPIライブラリのリンクを指示してください。

例)

$ ifort  -O3  -xSSE4.2  ex_mpi.f -lmpi

実行時にはmpiexec_mptコマンドを使ってジョブを起動してください。

ハイブリッド

並列化を有効にするコンパイルオプションを指定して、リンク時にMPIライブラリをリンクします。

例)

$  ifort  -O3  -xSSE4.2 -openmp  -openmp-report1  hybrid.f  -lmpi

実行時にはmpiexec_mptコマンドを使ってジョブを起動してください。
ジョブスクリプトの作成、ジョブの起動方法は、「バッチジョブ利用方法(基本)」、 「バッチジョブ(高速計算サーバ)」、「バッチジョブ(並列計算サーバ)」を参照ください。

性能解析ツール


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ