EIC TOP

SGI VizServerについて

  • フロントエンドeicでは、プリポスト処理を行うためのグラフィックスボードを搭載しており、遠隔可視化ソフトウェアSGI VizServerが利用可能です。
  • VizServerはサーバにデスクトップでログインし、手元のPCなどで活用できる遠隔可視化用ソフトウェアです。X Window System のリモートウィンドウと違い、描画処理はすべてサーバ側で行われ、結果の画像のみが配信されるため、ノートPC や、Linux端末上でeicのグラフィックスボードの処理性能を利用することができます。
  • 見た目はVNCと似ていますが、以下の特徴があります。
    • サーバ・クライアント間の通信を暗号化
    • サーバ側で3Dレンダリング
    • 圧縮率を変更でき、細い帯域の回線の場合でも、スムーズに動作

VizServerクライアント・ソフトウェアのインストール

  • VizServer を利用するには、クライアント・ソフトウェアをインストールする必要があります。 クライアントは、Linux、Windows、MacOS X に対応していますが、ここでは、Windows版のインストール方法について説明します。(その他のOSのインストール方法については、以下のディレクトリのマニュアルをご参照ください。)

1.クライアント・ソフトウェアのインストーラを以下の場所から入手します。

  • /opt/local/download/vizserver/
  • 利用するOS にあったクライアント・ソフトウェアをダウンロードしてください。(以下は主なものです)
    Windows版(64bit)/opt/local/download/vizserver/win64/nice-dcv-endstation-2013.0-9318-Release.msi
    Linux版(64bit、RedHat6以上)/opt/local/download/vizserver/linux/nice-dcv-endstation-portable-2013.0-9318.tar.gz
    MacOS X版/opt/local/download/vizserver/macosx/nice-dcv-endstation-2013.0-9318.dmg
    マニュアル/opt/local/download/vizserver/nice-dcv-endstation-guide-2013.0-9318.pdf
    VNC over SSHマニュアル/opt/local/download/vizserver/vizssh.pdf

2. インストーラをダブルクリック(Windows の場合)し、インストールを開始します。
3. 途中、SDK の選択画面がありますが、これは独自の圧縮手法を実装する場合にのみ使われるもので、通常は必要ありません。

  • 所属する組織のネットワークポリシーなどで、VNCが使用する5900番台のポートが閉じられている場合は、上記の「VNC over SSHマニュアル」をご参照ください。

VizServerサーバの起動

1.eicにログインし、VizServerで使用するパスワードを指定します。(これは初めてVizServerを利用するときのみです。2回目からは不要です。)

 eic:~> vncpasswd
 Password:(任意のパスワードを入力)
 Verify:(もう一度入力)

2.VizServerを起動する前に、以前起動したものが残っていないか確かめてください。

 eic:~> ps -f | grep Xvnc 
 user      161609      1  0 10:39 pts/22   00:00:01 /etc/vnc/Xvnc-core :1

既に起動中の場合は、これをそのまま使うか、一旦vizkill :1で終了してから、新しいVizServerを起動してください。

 eic:~> vizkill :1
 eic:~> ps -f | grep Xvnc 
 user      198335 162415  0 10:55 pts/22   00:00:00 grep Xvnc

3.VizServerサーバを起動します。vizserverコマンドを利用します

 eic:~> vizserver
 VNC(R) Server Visualization Edition VE4.6.3 (r99394)
 Built on Nov  8 2012 16:40:29
 Copyright (C) 2002-2012 RealVNC Ltd.
 VNC is a registered trademark of RealVNC Ltd. in the U.S. and in other
 countries.
 See http://www.realvnc.com for information on VNC.
 For third party acknowledgements see:
 http://www.realvnc.com/products/enterprise/4.6/acknowledgements.html
 
 Running applications in /etc/vnc/xstartup
 
 VNC Server signature: 21-36-80-7d-9e-f6-6c-25
 Log file is /root/.vnc/eic:2.log
 New desktop is eic:2 (133.11.57.80:2)

デフォルトでは1200x800の画面になりますが、他の解像度が必要な場合、vizserverコマンドの代わりに

 vncserver -UserPasswdVerifier=vncAuth -depth 24 -geometry 1280x800

を実行し、(1200x800)の場所に任意の解像度を指定してください。

vizserverを立ち上げた時の最後の行の「eic:2」は、デスクトップ画面の番号です。クライアントでアクセスする際に必要です。

4.vizserverがすでに起動されている場合、2つ目のvizserverは起動せず、以下のようなメッセージが表示されます。

eic /home/xxx> vizserver
You are already using VizServer. Kill old VizServer and retry.
xxx      145004      1  2 11:38 pts/66 00:00:00 /opt/nice/dcv/lib64/dcvconfig :1.0

この場合、:1で起動済みですので、こちらにアクセスするか、:1をvizkill :1で停止した後、再度vizserverを起動してください。

VizServerクライアントの起動

  • クライアントをインストールしたPCで、クライアント(VNC viewer)を起動します。起動しない場合は一度、ログオフしてください。
  • 現れたウィンドウにeic:2を入力し、Connectをクリックします。(:2はサーバ起動時に指定されたデスクトップ番号です。)

    vnc.png
    • (地震研の所外からアクセスする場合は、eic.eri.u-tokyo.ac.jp:2とドメイン付きで入力してください。)
  • ログイン名、パスワードを尋ねられますので、eicのアカウント名と先ほど指定したvnc用のパスワードを入力してください。
  • eicのデスクトップ画面がVNCのウィンドウで立ち上がります。

(Windows版ではControl+Shift+F9で、データ転送時にどの程度圧縮するか(間引くか)を設定できます。回線の帯域に余裕がある場合は、「Best Quality」側へ、画面の動きが遅いようであれば「Best Compression」側に設定してください。)

VizServerの終了

  • サーバ側の作業を継続させたまま、セッションを切る場合は、手元のPCのクライアントをいったん閉じるだけで、再度アクセスした際にそのまま利用できます。
  • サーバ側の作業を終了させる場合はeicの端末から
     eic:~> vizkill :2
    を実行してください。(ここの:2はサーバ起動時に指定されたデスクトップ番号です。) もしくは
     eic:~> vncserver -kill :2
    でも停止できます。

※VizServerのライセンスは有限ですので、長時間利用しない場合は停止をお願いいたします。


添付ファイル: filevnc.png 277件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ