EIC TOP
EIC2015-overview.png

フロントエンドサーバ

  • フロントエンドサーバは共有メモリ型4ソケットサーバのSGI UV20です。
  • CPUにはIntel Xeonプロセッサを4CPU(32core)、512GBのメモリを搭載しています。
  • 高速計算サーバSGI UV2000、並列計算サーバのSGI ICE-Xと同一のアーキテクチャであり、フロントエンドサーバ機能のほか、短時間のインタラクティブジョブの処理が可能です。
  • OSにはSuse Linux Enterprise Server 11(Linuxカーネル2.6)が稼動し、SGI独自の機能強化が図られています。
  • フロントエンドサーバのeicにログインし、バッチソフトウェアのUniva Grid Engineを利用し高速計算サーバ、並列計算サーバへジョブを投入することができます。
  • 遠隔可視化ソフトウェアを利用して、手元の端末からGUIによるプリポスト処理が可能です。
  • MATLAB、OpenFOAM、GMTなどのアプリケーションが利用できます。

高速計算サーバ

  • 高速計算サーバは共有メモリ型スカラー並列計算機のSGI UV2000です。
  • 高速計算サーバは8式のノードで構成され、各ノードのCPUにはIntel Xeonプロセッサを16CPU(128core)搭載し、1TBの主記憶容量を搭載しています。
  • OSにはSuse Linux Enterprise Server 11(Linuxカーネル2.6)が稼動し、SGI独自の機能強化が図られています。

並列計算サーバ

  • 並列計算サーバは分散メモリ型スカラー並列計算機のSGI ICE-Xです。
  • 並列計算サーバは144式のノードで構成され、各ノードのCPUにはIntel Xeonプロセッサを2CPU(24core)搭載し、128GBの主記憶容量を搭載しています。
  • OSにはSuse Linux Enterprise Server 11(Linuxカーネル2.6)が稼動し、SGI独自の機能強化が図られています。

共有ストレージシステム

  • 共有ストレージシステムは分散型ファイルシステムのLustre File Systemにより構成されています。
  • Lustreファイルシステムは、ファイルシステム容量を大きくし、複数のOSTを利用することでI/O性能が向上する特性があり、多数のノードから高速にI/Oを行えるメリットがあります。
  • ホーム領域(/data領域を含む)169TB、ワーク領域 169TBで構成されており、/home、/data領域に関しては、定期的にバックアップ装置にバックアップを行います。

利用者端末

  • 利用者端末は6台で構成され1号館 6F 端末室に設置してあります。
  • 各端末にはIntel Xeonプロセッサを1CPU(10core)搭載し、16GBの主記憶容量を搭載しています。
  • OSにはRedhat Enterprise Linux 6(Linuxカーネル2.6)が稼動し、汎用可視化ソフトウェア AVS、数値解析ソフトウェア MATLAB、Mathematicaが利用できます。
  • /home、/work、/data領域はNFSによりファイルシステムを共有していますので、どの端末からも同じ環境でご利用が可能です。
  • 周辺装置としてDAT160規格に対応したDATドライブ装置が2式、DVD-RAMと兼用するブルーレイ装置が2式接続しています。

プリンター

  • プリンター装置はFujiXerox DocuPrint C5000dが10式です。
  • A3フルカラーに対応し、PostScript3をサポートした日本語プリンターです。

添付ファイル: fileEIC2015-overview.png 281件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ