EIC TOP

MATLAB

  • MATLABはeic、利用者端末で利用できます。eicの場合、遠隔可視化のVizServerでデスクトップにログインし、
    eic~ > matlab
    で起動します。
  • eicでは、TSS(対話処理)が1CPU時間となっていますので、長時間MATLABを実行される場合は、利用者端末をお使いください。

Mathematica

  • Mathematicaは利用者端末で利用できます。
    eic00~ > mathematica
    で起動します。

AVS

  • AVSは利用者端末で利用できます。 利用者端末にログインし、以下のコマンドで起動します。
    eic01~ > express -mavs
    詳しい使用法は端末室のチュートリアルガイドなどを参照してください。

3D AVS Player

  • AVSのViewerです。/opt/local/download/3DAVS/3DAVSPlayer_linux64_el6.tgzを自分のホームなどへコピーしてお使いください。
    eic~ > cp /opt/local/download/3DAVS/3DAVSPlayer_linux64_el6.tgz .
    eic~ > tar xfz 3DAVSPlayer_linux64_el6.tgz
  • 展開したディレクトリの3davs.shを実行すると、利用できます。
    eic~ > cd 3DAVSPlayer
    eic~ > ./3davs.sh
    • 操作方法については、メニューのHelp->Online Helpを選択するか、直接以下のHTMLファイルを開いて、参照してください。
    • ヘルプファイル:<inst dir>/runtime/Linux/index.html

OpenFOAM

  • OpenFOAMを使用するには、以下のコマンドを実行して、環境設定を行ってください。
  • ログインシェルがsh,bash系の場合
    eic~ > . /home/app/OpenFOAM/setup.sh
  • ログインシェルがcsh,tcsh系の場合
    eic~ > source /home/app/OpenFOAM/setup.csh

PETScライブラリ

  • PETScライブラリを使用するには、以下のコマンドを実行して、環境設定を行ってください。
    eic~ > module load petsc

Matplotlib、Numpy

  • eic00~eic05では標準のPythonでそのまま利用できます。
  • eicで、matplotlib,numpyを使用するには、以下のコマンドを実行して、環境設定を行ってください。
    eic~ > module load python

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ