東京大学地震研究所地震火山情報センター

MATLAB

eicシステムでMATLABを使用する方法を以下に示します。

eicへログインします。
 ssh -X username@eic.eri.u-tokyo.ac.jp

 

ジョブを投入します。
% bsub -q M -n 1 -Is /bin/tcsh

もしくは

% bsub -q M -n 1 -Is /bin/bash

Job <1519> is submitted to queue <M>.
<<Waiting for dispatch ...>>
<<Starting on eic>>

 

DISPLAY変数の確認
% env |grep DISPLAY
 eic:10.0

 

DISPLAY変数の変更
% setenv DISPLAY localhost:10.0
もしくは
% export DISPLAY=localhost:10.0


% xhost +

% matlab

 

 

MATLABを終了した後、

% exit

 

してください。他の方が利用できなくなります。

 

※MATLABの同時実行ライセンスは10ユーザのため、これを超える場合は実行できません。

bsubで投入した際に、

MATLABLicenseisover now

と表示されます。

利用者端末(eic00〜eic05)でも利用できます。


% matlab


で、起動できます。(ライセンス数が不足している場合は起動できません。)