東京大学地震研究所地震火山情報センター

ログイン方法

プログラムの作成、コンパイル、インタラクティブなデバッグ、バッチジョブ投入などはフロントエンドサーバにログインして行います。フロントエンドサーバのホスト名は以下のとおりです。

ホスト名(+ドメイン名)
eic.eri.u-tokyo.ac.jp

フロントエンドサーバへのログインは、telnet、rsh、rloginなどは使えませんので、ssh(SecureShell)をご利用下さい。




ログインの方法


SSHクライアントを用いてフロントエンドサーバへログインします。
以下にLinux上で実行した場合の例を示します。
$ ssh -l ユーザ名 eic.eri.u-tokyo.ac.jp

WindowsのSSHクライアントソフトウェア(TeraTerm,Putty)の場合にも、接続先ホスト名にフロントエンドサーバ名を指定し、ログインユーザ名としてユーザ名、パスワードはアカウントパスワードを指定して下さい。



公開鍵認証によるログイン


セキュリティ強化のために、所外からログインする場合は公開鍵認証方式を推奨します。
公開鍵認証方式でログインするためには、公開鍵とよばれる認証のための鍵を生成し、それをフロントエンドサーバへ登録する必要があります。
以下に手順を示します。

  1. 公開鍵の作成
    Linuxの場合には、ssh-keygenコマンドを実行します。
    WindowsのTeraTermの場合には、メニューのSetup、SSHKeyGeneratorより生成できます。
    Puttyの場合には、Puttygenというプログラムから鍵を生成し、OpenSSH形式で保存します。
    鍵方式としてRSAやDSAがありますが、どちらでもかまいません。
    鍵にはパスワード(パスフレーズ)を設定することが可能です。またEICのアカウントパスワードとは関係がありませんので、任意のパスワード(パスフレーズ)を設定できます。

    以下に公開鍵の設定方法を示します。

クライアントからコピーした公開鍵をユーザの~/.ssh/authorized_keysファイルへ追加します。
$ cat id_rsa.pub >> ~/.ssh/authorized_keys

authorized_keysファイルのパーミッションを変更します。
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys